岩盤浴の汗はなぜいい汗なの?

岩盤浴 で出る汗は、なぜいい汗といえるのでしょう。
実は、気もちいいサラサラの汗には理由があります。
岩盤浴の遠赤外線は からだの芯までじっくりと全体をまんべんなく
温めます。 そして、ゆっくりと汗をかきます。 汗は、急激な温度の
変化に対しては、ベトベトの汗がドーッと一気に出てくるものですが、
ゆっくりの温度変化のときには、きれいにろ過されたサラサラで
純水に近い汗が出ます。 純水に近いため、臭くないんですね。
汗の原料は、血液で、汗腺は血液から水分や塩分などのミネラルを
とりこんで汗を作ります。ベタベタした汗というのは、ろ過されていない
栄養たっぷりの汗なので雑菌も繁殖しやすく、ニオイもきついのです。
汗から栄養が出てしまうベトベトの汗は、身体から必要なミネラルも
奪ってしまうため、からだも元気を失ってしまいます。 しかし、
岩盤浴でいい汗をかき慣れるようになると、汗腺のはたらきも
どんどんよくなるので、健康な身体を維持できるようになるのです。